二重の美容整形術の中で最もデザイン性と自由度が高い施術が全切開法です。

フッターメニューへ

全切開法

二重まぶたの美容整形と聞くと、まぶた全体をメスで切開する「全切開法」をイメージする方が多いのではないでしょうか?

お手軽な埋没法や、少しの切開で行う部分切開法は、人によっては向き不向きがあります。
しかし、全切開法はどの様な目のタイプの方でも受けられる、理想の二重ラインの実現性が高い施術となっています。

このページでは、そんな全切開法について詳しくご紹介していきます。

全切開法の特徴

全切開法は、希望の二重ラインに沿って目頭から目尻まで約3cmほど切開し、切開した部分の余分な脂肪や筋組織を取り除き、縫合して癒着させることで二重ラインを形成させます。

全切開法のイラスト

全切開法では、余分な脂肪の除去も同時に行うことで、より綺麗な二重ラインが実現できます。

  • 埋没法と違って取れてしまうことがない
  • 部分切開法よりもデザイン自由度が高い(平行型二重、幅の広い二重などが可能)
  • 腫れるため、ダウンタイムが長引く
  • 切開法は元に戻すことはできない
全切開法が向いている方
  • 取れたくない
  • 過去に埋没法をしたが戻ってしまった
  • まぶたが厚く、脂肪が多い
  • 平行型二重や幅の広い二重などパッチリ二重を希望

全切開法を行っているクリニック

全切開法は二重の美容整形の中でも大変オーソドックスな施術のため、どこのクリニックでも受ける事ができる施術です。

下記表はスマートフォンにて閲覧時は⇒方向にスライドして御覧ください。

それでは、全切開法を行っているクリニックの費用や施術内容の違いを比較してみましょう。

※費用は両目・税込の価格、保証期間は取れてしまった場合の期間を表示しています。

クリニック・施術 費用 保証期間 特徴
東京中央美容外科
切開法
83,600円〜 なし ・状態に合わせて3種の切開法から選べる
品川美容外科
二重術切開法
98,000円 1年間 ・会員登録で30%OFF
・他に2種類の切開法メニューあり
湘南美容クリニック
全切開法二重術
195,100円 1年間 ・症例数9,000件以上
・他に1種類の切開法メニューあり
リッツ美容外科
切開法
220,000円〜 記載なし ・状態により最大440,000円
高須クリニック
全切開法
275,000円 記載なし ・ミニ切開法(部分切開法)と同料金
タウン形成外科クリニック
切開法
275,000円 記載なし ・余分な脂肪除去は追加55,000円
水の森美容外科
二重切開法
273,900円 記載なし ・抜糸後、1ヶ月、3ヶ月検診あり
スキンクリニック
切開法
275,000円 記載なし ・部分切開も行っているクリニック
もとび美容外科クリニック
全切開法
294,800円 1年間 ・部分切開法も行っているクリニック
渋谷美容外科クリニック
二重まぶた全切開
316,250円 記載なし ・部分切開も行っているクリニック
TAクリニック
全切開法
328,900円 1年間 ・再施術の場合は半年以上経ってから実施
共立美容外科
全切開法
330,000~
550,000円
記載なし 目の上のたるみの度合いにより料金が異なり最大550,000円
・部分切開法も行っているクリニック
聖心美容クリニック
全切開法
330,000円 記載なし まぶたの脂肪除去は別途費用がかかる可能性あり
・部分切開法と同料金
ヴェリテクリニック
全切開法
330,000円 記載なし ・部分切開も行っているクリニック
・脱脂は+110,000円
プリモ麻布十番クリニック
全切開
330,000円 記載なし 余分な脂肪除去は追加55,000円
・部分切開法も行っているクリニック
大塚美容形成外科
切開法
341,000円 記載なし ・部分切開法も行っているクリニック
表参道スキンクリニック
全切開
385,000円 記載なし ・部分切開法も行っているクリニック
東京美容外科
切開二重(全切開)
385,000円 記載なし ・部分切開法も行っているクリニック
東京青山クリニック
二重切開法
385,000円 記載なし ・状態により最大660,000円
エストクリニック
全切開法
385,000円 記載なし ・部分切開も行っているクリニック
ガーデンクリニック
全切開法
440,000円 記載なし ・部分切開法も行っているクリニック

全切開は二重整形を行っているほぼ全てのクリニックで行われているメニューです。
費用の相場は約30万円ですが、10万円を切る特価で受けられるクリニックもあるので、予算に合わせて選びましょう。

ほとんどのクリニックでまぶたの余分な脂肪の除去も同時に行ってもらえますが、一部のクリニックでは別料金になるようですので注意が必要です。

そして、部分切開法と全切開法で悩んでいる場合は、どちらも行っているクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

まとめ

全切開法は二重の美容整形術の中で最もデザイン性と自由度が高い施術です。

一方で、元に戻せないという点や、腫れが心配という点から、なかなか踏み切れない方が多いことも事実です。

まぶたの厚みなどの状態や、理想の二重デザインによって、部分切開法でもできるか、全切開法でないと難しいのかは異なりますので、カウンセリングで医師にじっくり相談してみましょう。



TOP