青森で二重のプチ整形埋没法をするなら、青森駅前にある3つのクリニックがお薦めです。

フッターメニューへ
  • 二重プチ整形埋没法
  • 二重整形切開法
  • クリニック一覧
  • クリニック都道府県別検索

青森県の美容外科クリニック

青森県の美容外科クリニックをご紹介いたします。
都市別にまとめていますので、お探しの都市がある場合は下からお選びください。
※参考価格はすべて税抜きとなっています。

都市から選ぶ

青森の美容外科クリニック

東京美容外科 青森院

東京美容外科のスクリーンショット

患者とのコミュニケーションを大切にするクリニックで、丁寧なカウンセリングで安心です。

住所 青森県青森市安方1-3-2 青森ビル2F
診療時間 AM10:00~PM7:00
定休日 年中無休
最寄り駅 新青森駅よりお越しの場合
[車:約20分]※近くに有料駐車場有り
[バス:約20分] 新青森駅(バス)⇒最寄バス停「青森駅」(徒歩すぐ)
[電車:約7分] 新青森駅(奥羽本線)⇒ 青森駅(徒歩1分)
参考価格 埋没法1点留め:15,000円(埋没二重クイック)
埋没法2点留め:55,000円(埋没二重クイック)

タウン形成外科クリニック 青森院

タウン形成外科クリニックのスクリーンショット

確かな技術と丁寧なカウンセリングで、口コミでも地元の人に評判のクリニックです。

住所 青森県青森市新町1-8-8 アセントビル3F
診療時間 AM10:00~PM7:00
定休日 不明
最寄り駅 JR東北新幹線 新青森駅よりタクシーで10分
JR奥羽本線・津軽線 青森駅より徒歩2分
青い森鉄道線 青森駅より徒歩2分
参考価格 埋没法1点留め:なし
埋没法2点留め:50,000円(重瞼術埋没法(2点止め))

東京青山クリニック 青森院

東京青山クリニックのスクリーンショット

専門医による診察で悪い点は見受けられませんが、口コミでの評価は分かれており、相性があるようです。

住所 青森県青森市新町1-13-7 和田ビル4階
診療時間 AM10:00~PM6:00
定休日 不明
最寄り駅 JR東北本線青森駅より徒歩3分、成田本店横
参考価格 埋没法1点留め:なし
埋没法2点留め:50,000円(ナチュラルデザイン法)

弘前の美容外科クリニック

はらクリニック

はらクリニックのスクリーンショット

親切な対応で地域では人気のクリニックで、リピーターも多くいるようです。

住所 青森県弘前市駅前3-3-7 3F
診療時間 平日:AM9:00~11:00 PM3:00~5:00
土曜:AM9:00~11:00 PM1:00~2:00
定休日 日曜・祝日
最寄り駅 不明
参考価格 埋没法1点留め:なし
埋没法2点留め:100,000円(二重まぶた(埋没法))

青森県の特徴

青森は北部に位置しており、自然が豊かでリンゴがおいしいというイメージを持たれているでしょう。
人口は少なく全国では31位になっており、比較的田舎の印象が強くなります。

しかし、女性の美しさでは全国でも屈指の実力を持つのが青森です。
東北の美人と聞くと秋田美人が有名ですが、アンケート結果では青森も負けていません。
美人が多い都道府県アンケートでは上位になるため、青森の女性は美しいイメージが強いでしょう。

青森県は本州北端の県で、県庁所在地は青森市になっています。
人口の半分以上が青森市と八戸市、弘前市に集中しているのも特徴となるでしょう。
その他の市は農家や牧場などがほとんどで、人口密度はかなり低くなります。

人口が集中する青森駅には、商業施設のラビナがあるので若い女性に限らず人気を集めています。駅の周辺にもアクセサリーや美容室などがあり、オシャレに敏感な女性がしっかりと満足できるでしょう。

2016年に北海道新幹線が開業して賑わう青森駅からは、奥羽本線に津軽線などが乗り入れています。県外へ遠出するなら新幹線を利用するのが良いですが、青森駅等への移動なら電車が最も快適です。
道路の整備も進んでおり、東北全域へ高速道路が通っているので車で移動することが可能です。

青森から東京まで出向くのはかなり大変ですが、北海道新幹線が開通している今なら北海道へ出向くのも良いです。
札幌まで行くと商業施設は膨大な数がありますし、美容外科クリニックも一流ばかりが列挙されています。美容外科を考える場合は北海道という選択肢を考えておくと良いでしょう。

≫北海道のクリニックを見る

もちろん、青森県内でプチ整形を行うのも良いですが、安全により美しくなるなら有名な美容外科クリニックがおすすめです。

美人が多い都道府県アンケートで、実は上位に居るのが青森なのです。
秋田県に話題を奪われてしまいがちですが、青森の女性は美人だと思うか、の問いには大半がYESと回答しています。
もしかしたら、自分が思っている以上に世間は青森の女性を可愛い、美しいと思っているのかもしれません。