施術を受けたクリニックで抜糸をしてもらうのが、一番成功率が高くなると言えます。

フッターメニューへ
  • 二重プチ整形埋没法
  • 二重整形切開法
  • クリニック一覧
  • クリニック都道府県別検索

埋没法の抜糸

美容整形は一度やったら二度と元に戻せないというイメージがありますよね。

しかし、二重まぶたのプチ整形である埋没法は、万が一何かあった際に元に戻す事が可能です。

二重ラインを作るためにまぶたの表と裏を結んだ糸を切ることで、元の状態に戻すことができます。これを「抜糸」と呼びます。

しかし、抜糸は痛みやリスク無く簡単に行えるのでしょうか?
今回は、埋没法を検討の際に頭に入れておきたい埋没法を抜糸する際の注意点を解説していきます。

抜糸をするか悩む時の状況

やっと決心して埋没法をやったのに、術後に抜糸をするか悩む時とは、どのような時なのでしょうか?

・希望の二重にならなかったから戻したい
・食い込んでいる、不自然に見える
・腫れが引かず、糸を取ってしまいたい
・目に痛みや違和感があり苦痛
・炎症を起こしている
・糸が見えている

このような状況のときに抜糸を検討する方が多いようです。

抜糸をする時の流れ

糸の結び目をがある位置に見当をつけて小さな穴をあけ、結び目を探しピンセットで摘んで引っぱり、糸を切ったらそのまま引っぱり取り出します。

結び目を持って引き抜かないと、結び目が引っかかってしまい引き抜けないことがあります。そのため結び目が見つかるかどうかはとても重要です。

まぶたの裏側に結びができる埋没法を受けた場合、裏側から抜糸することになりますが難易度が上がります。

最近では、埋没法の手法がとてもたくさん開発されているため、クリニックごとに糸の掛け方などがだいぶ異なります。
もしも抜糸をする際は、施術を受けたクリニックで抜糸をしてもらうことが一番成功率が高くなると言えます。

どうしても施術を受けたクリニックに行けない事情がある場合、受けた施術の詳細内容(何点留め、どのような掛け方かなど)を抜糸するクリニックで医師に伝えましょう。

抜糸が出来ないことはあるの?

・埋没法を受けてから数年経っている
・糸が確認できない
・複雑に糸がたくさん埋め込まれている

このような場合は100パーセント糸を除去することはできない可能性があります。

しかし、糸を取り出すことは難しくても、糸を切断することができればまぶたの二重連結は解除できるので元に戻すことができます。
一部の糸がまぶたの中に残っても、問題はありません。

抜糸後の腫れや痛み

抜糸を行った術後、腫れや痛みはあるのでしょうか?
これは抜糸の施術状況によって少し変わります。
結び目がすぐに見つかり、スムーズに抜糸ができれば良いのですが、糸が見つけにくかったり奥のほうへ埋っていたり、難航した場合は回復に時間がかかります。

痛み 2日~1週間程
腫れが出た場合 1週間程
内出血 1,2週間程

抜糸の値段相場

抜糸に関してもクリニックごとに値段の幅があるようです。
施術を受けたクリニックで抜糸をする場合の料金(税抜)を調べてみました。

湘南美容外科 10,000円 
東京美容外科 2点まで50,000円(追加1点20,000円)
大塚美容形成外科 100,000円
もとび美容外科 1点2年未満 20,000円~

点数や年数で値段が変わってくることもあるようです。
もしも保証期間内であれば、抜糸や修正が無料でできる可能性もありますので、一度相談してみましょう。

抜糸後の再施術はいつから可能?

抜糸をしてすぐにもう一度埋没法をやり直したいという方もいるかもしれませんが、基本的には腫れが治まってからのほうがいいと思います。
二重のライン確認を抜糸直後の状態で行うと、仕上がりとイメージが異なることがあるからです。

しかし、抜糸をしないでも二重ラインの修正が可能な場合もありますので、希望と違う仕上がりになって悩んでいる方は、そちらも一度相談してみましょう。

抜糸をする際の注意点

二重の仕上がりが満足できないとき

希望していたデザインの二重ラインにならず、元に戻したくなる場合があります。
このとき、幅が広すぎている、食い込んでいる、不自然に見えるなどの場合、施術後一週間は腫れが強く出ていてそう見えることがあります。
思い通りの二重になるか、とても不安な時期だと思いますが、施術箇所が馴染んでラインが落ち着くまでは1ヶ月程、少し様子をみましょう。

異常な腫れや痛み、違和感で苦痛なとき

術後一週間ほどは腫れや痛みは出やすい期間です。
しかし、数週間経っても腫れが引かない、目に痛みや違和感があって苦痛、炎症を起こしているなどの場合は、すぐに医師に診てもらいましょう。

糸が出てしまった

糸が出てしまうと、感染症を起こす原因になります。
この場合はすぐに医師に診てもらいましょう。

元に戻らない可能性もある

個人差はありますが、一定期間埋没法により固定していると、二重ラインの癖がついていることがあります。
そのため、元の目に戻す目的で抜糸をしても、二重ラインが残ってしまうことがあります。

まとめ

埋没法はお手軽にできる二重まぶたのプチ整形です。
取れてしまうというデメリットを感じている方もいるかもしれませんが、整形手術とは違い「元に戻せる」という点をメリットと捉えることもできます。 そのため、初めて二重施術を受ける方には埋没法が最も支持されています。

しかし、抜糸にもダウンタイムが必要ですので、体に負担がかかることは確かです。
埋没法を検討の際は、抜糸についての知識も頭の中にぜひ入れておいてくださいね。