美容クリニックへの支払い方法は多数用意されているので、自分に合ったものを選ぶことが出来ます。

フッターメニューへ
  • 二重プチ整形埋没法
  • 二重整形切開法
  • クリニック一覧
  • クリニック都道府県別検索

美容外科の支払い方法

美容整形というと、一昔前ではかなり高額なイメージがありましたが、最近ではプチ整形の種類も増えて、お手頃価格のものもたくさん登場しています。

しかし、美容外科に初めて関わるという方の場合、支払い方法がどのようなシステムになっているかとても不安ですよね。
また、分割で支払いが出来れば夏休み中に受けたい!など、お財布の事情との相談したいものです。

そこで、このページでは美容外科での支払い方法の種類について、わかりやすくご紹介していきたいと思います。

支払い方法は4つ

大手の美容外科クリニックでは、下記の4つの支払い方法でお会計をすることができます。

現金での一括払い

一番わかりやすい方法は現金です。

クレジットカードでのお支払い

クレジットカードはクリニックによって使用できる会社が異なりますが、vise、JCB、DC、MasterCard、アメックスなどの一般的なものであればほぼ使用できます。
使用はできても一回払い以外の支払い方法が選択できないこともあるので、分割払いやボーナス払いなどで考えている場合は、クリニックへ事前に確認しましょう。

注意点

・カードの種類によって、支払い方法や回数が異なる
・本人名義のみ

デビットカード

クレジットカードよりも利用者は少ないかもしれませんが、デビットカードでの支払いも可能です。
デビットカードとは、銀行や郵便局などの金融機関のキャッシュカードを提示に、専用端末に暗唱番号を入力するだけで、その場で口座から支払いができるシステムです。
高額な現金を持ち歩くのは不安な場合や、お財布に手持ちがない場合に便利です。

注意点

・金融機関によってはデビットカードサービスに加入していないことがある
・取り扱いがないクリニックもある

医療ローン・メディカルローン

美容外科では、医療用のローンを組むという方法もあります。
ローンを組む事ができれば、高額な費用も月々の分割払いで支払うことが可能になります。
申し込み手続きと審査をクリニックにて行い、審査に通ればローンを組むことができます。
ローン会社は、クリニックが提携しているローン会社か、クリニック独自で用意している自社ローンを利用することになります。

特徴と注意

・20歳以上で収入がある人(アルバイト、フリーターでも収入があれば可、18歳以上で親権者の同意書があれば契約できるところもあり)
・最大分割回数や月々支払い額は、クリニックやローン会社により異なる
・利息がかかる
・審査に通らないこともある

医療ローンの契約に必要なもの

・身分証明書(運転免許・保険証・パスポート等)
・引き落とし口座にする口座の通帳やキャッシュカード
・上記口座の届印鑑

このように、美容外科クリニックでの支払い方法は主にこの4つです。
クリニックによって取り扱い内容は異なりますので、利用する前に一度確認をしておきましょう。

プチ整形の様々な支払い方法

医療ローンが利用できる美容外科クリニック例

現金での一括払いや、クレジットカードの一回払いが難しい場合、医療ローンを利用する方法があります。
各クリニックによって条件が少しずつ異なりますので、大手クリニックの代表例をご紹介します。

湘南美容外科クリニック
月々の返済金額 3,000円以上
分割回数 1回~84回まで
※審査時に勤務先や実家などの連絡先の明記を求められる場合あり。
大塚美容形成外科
最大分割回数 60回まで
年齢 18歳~
※未成年者は親権者の同意書と、保証人の職場または自宅連絡先の明記が必要

このように、クリニックごとに条件が変わりますので、もしも医療ローンを検討の場合は事前に相談をしておきましょう。

もしも一括で支払いが困難な人は…

夏休みの間に施術を受けたいけど、すぐに現金を用意できない…
このように、一括で支払いが困難は人はどのような方法を選べばよいのでしょうか?そんなときに役立つ手段をご紹介いたします。

クレジットカードの分割払い・リボ払い

一番すぐに思いつくのはクレジットカードですよね。
お持ちのクレジットカードで分割払いやリボ払いで決済すれば、利息はかかりますが月々返済することができるので負担を減らせます。

しかし、使用するクレジットカードで分割やリボ払いが出来るかをクリニックに確認する必要があります。一括払い以外はできないこともありますので、注意しましょう。

カードローン

CMでもよく見ることが多いですが、銀行やカード会社などのカードローンを利用することもできます。

医療ローン

上でもご紹介した医療ローンは、クレジットカードを持っていない方でも利用でき、審査が通れば契約ができます。
利息がかかりますが、現実的な額で支払い計画を立てる事ができます。
だからと言って、無理な金額の契約に踏み切ってしまわないように注意が必要です。

学生ローン

学生さんのための学生ローンというものがあります。
高校生は契約ができませんが、18歳以上の大学生や専門学校生を対象にしたローンです。

このように、美容外科クリニックの支払い方法は多数用意されていますので、自分に合ったものを選ぶことができます。

くれぐれも、無理に高額なローン契約をしてしまわないように注意しましょう。