二重まぶた以外の部分でも大きな変化をつけておくことで、注目意識を分散させることが重要です。

フッターメニューへ

二重プチ整形はバレる?

憧れのぱっちり二重になりたいけど、実際のところ整形ってバレてしまうのではないか…。
かわいくなりたいけれど、できれば整形したとは思われたくない…。

整形をバレたくない女性

その気持ちはとてもわかります。

それでは、どのようなことがきっかけで周囲の人にバレてしまうのでしょうか?
よくある事例と回避方法をご紹介してみたいと思います。

二重まぶた施術をご検討の際はぜひ頭に入れておいてくださいね。

ケース①手術後の腫れ・内出血

二重まぶた施術では、まぶたに腫れを伴うものがほとんどです。
メスを使う切開法は約2週間、切らない埋没法では数日~1週間程腫れが出てしまいます。
腫れ以外に、皮膚の下で内出血が起こった場合、ケガをしたような青アザのように見えることがあります。
そのため、日常生活をするには少し目立ってしまいますので、これをきっかに気づかれてしまうことがあります。

回避方法
  • 腫れが引くまで自宅で過ごせる時期に施術を受ける。
  • 術後すぐは出来るだけ冷やす。
  • どうしても外出する場合はサングラスや眼鏡をかける。
ケース②糸が膨らんで見えている

埋没法の場合、糸をまぶたに埋め込む方法で二重を形成しますので、その糸の結び目がまぶたの上からぽつんと見えることがあります。
しかしアイプチや二重テープよりも目立たないので、他人に指摘されることはほぼないでしょう。

回避方法
  • 術後の経過で馴染んで目立たなくなることもありますが、数ヶ月経っても気になるよう場合は担当の医師に相談してみましょう。
ケース③傷跡が見える

埋没法の場合は針で施術をするため、傷はほぼわかりません。
しかし切開法の場合はまぶたを切って縫い合わせますので、どうしても傷跡ができますが、傷が二重ラインと重なるためごまかすこともできます。
シワくらいになるまでは3ヶ月程~1年はかかります。

回避方法
  • 切開法の場合は、抜糸後お化粧が可能になるまでは自宅にいる。
  • アイメイクを濃いめにする。特にアイシャドウでごまかす。ラメ感が強めのものでキラキラさせると効果的。
  • 施術後もあえてアイプチや二重テープをつけて少しの間カモフラージュする。
ケース④突然変わったので気づかれる

長期休暇明けに突然ぱっちり二重になっていたら、やはり周りの人は「あれ?」と思いますよね。
かわいい二重に変わったので気づかれるのは当然と言えば当然ですが、なるべく自然な感じで溶け込みたいですよね。
ここでの回避方法は、二重以外の部分でも大きな「変化」をつけておくこと。周囲の注目意識を分散させましょう。

回避方法
  • 施術の前からアイプチや二重テープで二重にして生活しておく。
  • 施術と同じタイミングで髪型もがらっと変える。伸ばしておいてばっさり切るのがオススメ!
  • つけまつ毛やカラーコンタクトの種類をがらっと変える。
  • 眼鏡女子になる。
  • 施術後もあえてアイプチや二重テープをつけて少しの間カモフラージュする。
ケース⑤わざわざ聞かれてしまった

バレないためにいろいろと対策を行ったとしても、わざわざ聞いてくる厄介な人がいます。
その場合の返答のパターンをいくつかご紹介しますので、一番良さそうなものを選びましょう。

回避方法
  • ものもらい、結膜炎、コンタクトで目が痛くなったなど目の病気を主張。(腫れの場合に有効)
  • 「女子力を上げたくてお化粧を変えてみた」「好きな人ができた」という。
  • 信頼できそうな人には打ち明けて、味方になってもらう。

いかがでしたか?役立ちそうなものはありましたか?

腫れや内出血がおさまれば、ある程度カモフラージュする方法があります。

二重まぶた整形をバレないように受けるために最も重要なことは、「術後落ち着くまでは誰にも会わないこと」です。

そのため、学校やお仕事を長期間休めるタイミングで施術を受けることをおすすめします。みなさんが新しい二重生活を楽しめますように!