整形費用は施術内容やクリニックにより差があり、特に埋没法はかなりの価格幅で展開されています。

フッターメニューへ

二重プチ整形の値段相場

二重整形の料金相場

“美容整形”と聞くと、とても高額な費用がかかりそうなイメージがありますよね。
一方プチ整形はメスを使わない簡単な施術で美容効果を得られるお手軽な種類の美容整形ですが、費用は一体どのくらいかかるのでしょうか?

費用の相場を調べるために、大手の約20院のクリニックを比較して調査いたしました。

プチ整形である埋没法と、メスを使ってまぶたを切開する切開法に分けてそれぞれの費用について見てみましょう。

埋没法の値段相場

埋没法は二重まぶたの美容整形の中でも大変需要の多い施術で、プチ整形に分類されるメスを使わずに受けられる施術です。

ニーズが多いため、埋没法の種類はかなりたくさんあります。
そのため費用感も幅広くなるため、施術の内容費用をよく吟味して選ばなければなりません。

ここでは、埋没法の種類を少し分類して、各種類における最安値・最高値・平均値を表示し、費用差を見てみましょう。

※両目,税込の価格で表示しています。

平均値 最安値 最高値
とにかく安い埋没法 9,790円
品川美容外科
一般的な2点留め 103,000円 19,600円 298,000円
品川美容外科 東京中央美容外科
一般的な3点留め 125,000円 21,500円 365,040円
TAクリニック 品川美容外科
元に戻りにくい埋没法 237,000円 165,000円 398,000円
大塚美容整形外科 東京中央美容外科
腫れにくい裏留めの埋没法 326,000円 195,100円 548,000円
湘南美容クリニック 東京中央美容外科
埋没法全体の平均値 149,000円

有名な美容外科クリニックの中で埋没法の最安値は品川美容外科の9,790円でした。
10,000円以下でできるというのは驚きです。

そして、最もオーソドックスで一般的な2点留め3点留めは、平均すると11万円前後で受けられることがわかりました。
この施術はどこのクリニックでも用意されているプランなので、最も需要があるラインだと思われます。

そして、一般的なものよりも「元に戻りにくい」「糸が目立ちにくい」など、より高度な技術で質の高い施術の場合、平均で28万円になることがわかりました。
この特別な手法の施術は、限られたクリニックでのみ行われています。

埋没法全体で見ると、9,790円から548,000円までかなり幅が広いですね。
この差は一体何かと言うと…

  • 取れにくさ、腫れにくさ などの差
  • 施術の難易度や必要な技術の差
  • 使用する器具(針や糸)の差
  • 麻酔の有無、種類の差
  • 保証期間の有無・期間の長さの差
  • 宣伝として目を引く価格帯を作る

などが考えられます。
このように、たくさんの種類の埋没法が存在しているということは、それだけニーズがあるということです。

自分は何を重要視しているか?

腫れたくないのか、取れたくないのか、とにかく安く一回トライしてみたいのか
など、優先事項を考えてみて、予算と相談して絞り込みをしてみましょう。

埋没法の施術内容

切開法の値段相場

切開法は、希望の二重ラインをメスで切って二重ラインを形成していく二重整形です。

腫れが引くまでダウンタイムが長い点や、万が一元に戻したくなっても二度と戻せない点などから避けられがちです。
一方で、埋没法よりも二重のデザイン性や自由度が高いことは大きなメリットと言えます。

切開法は、1~2cm以下の長さの切開を部分切開法と呼び、二重ラインに沿って目頭から目尻まで全体的に切開する方法を全切開法と分類します。
全切開の方が腫れが出やすいので、ダウンタイムも長くなります。

それぞれについて価格を比較してみましょう。

※両目,税込の価格で表示しています。

平均値 最安値 最高値
部分切開法 247,000円 83,600円 330,000円
東京中央美容外科 聖心美容クリニック
全切開法 326,000円 83,600円 550,000円
東京中央美容外科 共立美容外科
切開法全体の平均値 303,000円

切開法でオーソドックスなのは全切開法です。
部分切開法は行っていないクリニックもあり、今回調査した約20クリニックの中では、11のクリニックでのみ行われていました。

値段の平均値から見ると、全切開法よりも部分切開法の方が安い傾向にあります。
しかし、表中に登場している東京中央美容外科や聖心美容クリニックでは、部分切開法と全切開法を同じ金額設定にしており、患者のまぶたの状態に合わせた施術を行うようです。

また、東京中央美容外科や品川美容外科では複数のグレードの切開法メニューを取り扱っていて、共立美容外科や東京青山クリニックではまぶたの状態によって金額が変わるようです。

切開法を受けたい場合、予算が30万円ほどあればたくさんのクリニックの中から自分に合うところを選べるでしょう。
予算があまりない方は、10万円以下で受けられる東京中央美容外科や品川美容外科をチェックしてみてください。

切開法はメスを使う施術になるため、カウンセリングをしっかりと受けて慎重にクリニック選びを行いましょう

切開法の施術内容

まとめ

このように、二重まぶたのプチ整形や整形では施術内容やクリニックによって費用の差があることがわかりました。特に埋没法ではかなりの価格幅で展開されています。

だいたいの相場感を頭に入れておくことで、施術選びの一つの基準になります。
あまりに安すぎる価格や高すぎる価格は注意が必要ですので、一度詳細をじっくり確認しましょう。ぜひご参考にしてみてくださいね。



TOP