埋没法で二重まぶたになれる施術の一連の流れをご紹介します。

フッターメニューへ

埋没法施術の流れ

かわいい二重まぶたにしたい!
けどプチ整形ってなんだか怖そう…

未経験の方は絶対に不安を抱きますよね。
ここでは埋没法を行う場合の当日の流れを紹介してみたいと思います。

埋没法の当日の流れ

来院予約をしよう

来院予約のイメージ画像

美容外科クリニックでカウンセリングを受ける際は、事前に予約をしましょう。
予約なしで来院してもOKというクリニックもありますが、予約が必要なクリニックの方が多いようです。
予約制にすることで、患者さんの待ち時間を最低限にし、カウンセリング時間を充分確保することができます。

予約は、電話やweb上で申し込みができるクリニックが多いので、都合が良い方を選びましょう。
web予約はクリニックの営業時間に関わらず利用できます。


カウンセリング&シュミレーション

来院予約のイメージ画像

来院予約を入れた日時に、クリニックへ行きましょう。
専門医師とのカウンセリングを受け、しっかり希望や悩みを伝えます。
自分に適した施術について説明や注意点を聞きます。

ここで確認すること
  • どのような二重を希望するのか
  • 今の目の状態(目の形や開き方、まぶたの厚み、左右のバランスなど)
  • 体質や体調について
  • ライフスタイル
  • 施術の説明、注意点

このような内容を医師とじっくり話します。
最も重要なことは、希望の二重デザインについて明確に医師に伝えることです。
「これが良い」「これは違う」というポイントを、はっきり伝えてください。
自分の理想の目をしている芸能人の写真を用意していくと良いでしょう。

そして実際に自分の目で二重幅をつくって確認します。
このとき“ブジー”という細い針金の器具を使用して、仕上がりイメージを確認しながら二重ラインを決めていきます。

ブジー

ほとんどのクリニックが、このカウンセリングをとても重用視しているので、ゆっくり時間をかけて相談することができます。

もしも迷いが出てしまったときは、その日は施術を受けずに一度帰って検討することもできます。

このような時は要注意!
  • 施術を受けるように誘導してくる
  • 希望以外の施術も勧めてくる
  • 施術を担当する医師ではない医師や、医師ではない人とのカウンセリングだった
  • 注意点や危険性の説明がない

支払い&施術予約

来院予約のイメージ画像

どの施術を受けるか決まったら、正式に申し込みをして支払いをします。
一般的に美容外科クリニックでは、施術を受ける前にお金を払います。
そして都合が良い日を選んで施術の予約を入れます。
カウンセリング当日に、空いていれば、そのまま施術を受けられるクリニックもあります。


いざ施術へ!

来院予約のイメージ画像

いよいよ施術です。予約をした日時に遅れないようにクリニックへ行きましょう。施術を受ける前に、コンタクトレンズを外したり、お化粧を落とすよう促される場合があります。

施術箇所にマーキングをします。 その後、局所麻酔を行います。
麻酔をしているため、施術中はほとんど痛みはありません。
麻酔の種類や注射針の細さはクリニックによって異なり、オプションで麻酔を選べる場合もあるようです。
希望の二重ラインになるように、専用の針と糸を使ってまぶたに施術を行っていきます。
施術の時間は5~15分で終了します。


施術終了!

来院予約のイメージ画像

埋没法は入院の必要がなく、施術後そのまま帰宅することができます。
クリニックによって異なりますが、アイシングをしたり、痛み止めの目薬や飲み薬を処方してもらえます。
心配な場合は事前に相談しておきましょう。

アドバイス
  • まぶたが腫れる可能性があるので、気になる方はサングラスを持っていきましょう
  • コンタクトレンズを外すと視力が低下する方は、念のためメガネを持参しておくと安心です

アフターケア

来院予約のイメージ画像

埋没法は、切開法と異なり術後の抜糸の必要はありませんので、施術以降、通院は不要です。
しかし、もしも下記のような気になる事がある場合はクリニックへ連絡しましょう。

  • まぶたの腫れが引かない
  • 化膿してしまった
  • 希望の二重ラインと違う

また、埋没法は糸取れや糸外しの保証期間を設けているクリニックもあるので、保証内容は施術の前に詳しく聞いておくと安心です。

まとめ

埋没法で二重まぶたになれる施術の一連の流れをご紹介しました。
この流れの中で、最も重要な部分は②のカウンセリングです。
納得ができるまで、担当の医師としっかり話合いましょう。

もしも対応や内容に違和感がある場合は、妥協せずに他のクリニックでもカウンセリングを受けて比較しましょう。

埋没法はプチ整形の一種なだけに、施術時間も短く意外とすぐに終わってしまいます。
しかし、カウンセリングはじっくり時間をかけ、後悔しないように行いましょう。