埋没法で二重まぶたになれる施術の一連の流れをご紹介します。

フッターメニューへ
  • 二重プチ整形埋没法
  • 二重整形切開法
  • クリニック一覧
  • クリニック都道府県別検索

埋没法施術の流れ

かわいい二重まぶたにしたい!
けどプチ整形ってなんだか怖そう…

未経験の方は絶対に不安を抱きますよね。
ここでは埋没法を行う場合の当日の流れを紹介してみたいと思います。

埋没法の当日の流れ

来院予約をしよう

美容外科クリニックのほとんどは来院前に予約を入れます。
電話やインターネットで予約の申し込みができます。
インターネットの場合は、クリニックの営業時間外でも簡単に予約ができるので利用しやすいかもしれません。

カウンセリングandシミュレーション

来院し、医師とのカウンセリングを行います。

ここで確認すること

・どのような二重を希望なのか
・今の目の状態(目の形や開き方、まぶたの厚み、左右のバランスなど)
・体調や体質
・生活スタイル

カウンセリングの際に、希望の二重についてしっかり医師に伝えましょう。
芸能人の写真を持って行ってもOKです。

そして実際に自分の目で二重幅をつくって確認します。
このとき“ブジー”という細い針金の器具を使用して、仕上がりイメージを確認しながら二重ラインを決めていきます。

ブジー

ほとんどのクリニックが、このカウンセリングをとても重用視してるので、ゆっくり時間をかけて相談することができます。
もしも迷いが出てしまったときは、その日は施術を受けずに一度帰って検討することもできます。

このような時は要注意!

・焦らせてくる、早く施術をさせようとしてくる
・いろいろな施術を無理矢理進めてくる
・担当医師とは違う医師またはカウンセラーと話す
・リスクの説明が無い

申し込みand支払い

施術内容が決まったら、申し込みをして施術の日程を決めします。
当日行うことができる場合もあります。
また、ほとんどのクリニックで支払いは施術の前に済ませます。
施術の前にメイクを落としたり、コンタクトレンズを外すことになる場合があります。

施術開始

施術箇所にマーキングをします。 その後、局所麻酔を行います。
麻酔をしているため、施術中はほとんど痛みはありません。
麻酔の種類や注射針の細さはクリニックによって異なり、オプションで麻酔を選べる場合もあるようです。
施術の時間を5~15分で終了します。

施術終了!

埋没法は入院の必要がなく、施術後そのまま帰宅することができます。
クリニックによって異なりますが、アイシングをしたり、痛み止めの目薬や飲み薬を処方してもらえます。
心配な場合は事前に相談しておきましょう。

注意点

・術後はまぶたが腫れることが予想されるので、サングラスを持参することをオススメします。
・コンタクトは外して施術をすることになるので、視力が心配な方は眼鏡を持参しましょう。

アフターケア

埋没法は、後日の通院の必要はありません。

しかし、もしも

・もしも腫れが引かない
・化膿してしまった
・希望の二重ラインと違う

などなど、何か困ったことがあればすぐにクリニックに相談しましょう。

まとめ

埋没法で二重まぶたになれる施術の一連の流れをご紹介しました。
この流れの中で、最も重要な部分は②のカウンセリングです。
納得ができるまで、担当の医師としっかり話合いしょう。

もしも対応や内容に違和感がある場合は、妥協せずに他のクリニックでもカウンセリングを受けて比較しましょう。
埋没法はプチ整形の一種なだけに、施術時間も短く意外とすぐに終わってしまいます。しかし、カウンセリングはじっくり時間をかけ、後悔しないように行いましょう。